宮前遺跡

ふりがな
 
時代
弥生/古墳/古代細分不明 
所在地
宮城県亘理郡亘理町吉田字宮前 
緯度経度
38.015028, 140.858278 
遺構概要
集落。<現況>畑/宅地。<立地>丘陵。 
遺物概要
弥生土器+土師器+須恵器+石庖丁+石鏃+土錘+石製模造品。 
発掘概要
 
その他概要
LCd2/ON/PN13043/、県遺跡地図1998.3。 町『亘理町史』上巻(1975)、県教委「朽木橋横穴古墳群・宮前遺跡」『宮城県文化財調査報告書』96(1983)、 伊東信雄編「資料集V考古資料」『宮城県史』34(1981)。<25000分の1地形図>NJ-54-21-4-4。<全国遺跡地図番号>26-296  
閉じる

宮前遺跡の関連する遺跡グループ (0)

宮前遺跡の関連する遺跡グループはありません。

宮前遺跡の写真 (1)

標柱の表記「吉田字宮前の小丘陵に広がる遺跡で、発掘調査により古墳時代前期から平安時代にかけての集落跡であることが分かった。出土した土師器は土器編年資料となっており、北に隣接する長井戸古墳群があることからも、古墳時代前期の様相を知る上で貴重な遺跡である。」
徘徊おじさん
徘徊おじさん 2010年12月26日 17時21分
標柱の表記「吉田字宮前の小丘陵に広がる遺跡で、発掘調査により古墳時代前期から平安時代にかけての集落跡であることが分かった。出土した土師器は土器編年資料となっており、北に隣接する長井戸古墳群があることからも、古墳時代前期の様相を知る上で貴重な遺跡である。」

宮前遺跡のコメント (0)

宮前遺跡のコメントはありません。