長根浦貝塚

ふりがな
ながねうらかいづか 
時代
縄文/古代細分不明 
所在地
宮城県登米市豊里町赤生津字本地長根浦 
緯度経度
38.594444, 141.258833 
遺構概要
貝塚。縄文早期。 
遺物概要
縄文土器(素山2式)+土師器(表杉ノ入式)+須恵器+人骨+自然遺物。 県報166(土師器+須恵器+打製石斧)縄文の遺物なし。 
発掘概要
個人住宅新築工事 
その他概要
旧、登米郡豊里町。 LCb1/ON/PN55001/、県遺跡地図1998.3。町史跡。太田昭夫「登米郡豊里町長根浦貝塚の竪穴住居跡について」『宮教考古』4(1972)、 白鳥良一「豊里町長根浦貝塚発掘調査報告」『豊里町史』下(1974)、東北歴史資料館「宮城県の貝塚」『東北歴史資料館資料集」25(1989)、県教委「下草古城跡ほか」『宮城県文化財調査報告書』166(1995)。県報166-1995.3。 <25000分の1地形図>NJ-54-15-9-3。<全国遺跡地図番号>13-40 
閉じる

長根浦貝塚の関連する遺跡グループ (0)

長根浦貝塚の関連する遺跡グループはありません。

長根浦貝塚の写真 (0)

長根浦貝塚の写真はありません。

長根浦貝塚のコメント (0)

長根浦貝塚のコメントはありません。