勝連城跡

ふりがな
かつれんぐすく 
時代
古代細分不明/中世細分不明 
所在地
沖縄県うるま市勝連南風原 
緯度経度
 
遺構概要
城跡(グスク)。 沖縄の城(グスク時代-石積み(一の郭+二の郭+三の郭+四の郭)+柱穴+井戸)。 
遺物概要
町報5(沖縄貝塚時代後期〜グスク時代-土器(グスク+カムィ焼+フェンサ下層式)+骨製品+貝製品+石器(石斧)+鉄製品(鉄鍋+鉄釘)+銭貨+玉+瓦+刀+ガラス製玉+武具(金具+小札(鎧)+刀子)+簪+玉+動物遺存体(獣骨(イノシシ+ウシ+ウマ+カメ)+貝殻))。 町報6(石器+石斧+土器(フェンサ下層式+グスク+カムィ焼)+植物遺存体(コメ(炭化米)+ムギ(炭化))+中国産青磁))。 沖縄の城(沖縄貝塚時代後期-グスク土器+カムィ焼/グスク時代-グスク土器+カムィ焼+中国産青磁(宋+元)+刀+ガラス製玉+武具+瓦(高麗瓦+大天瓦))。 
発掘概要
 
その他概要
1972.5.15国指定。旧、中頭郡勝連町。 町『勝連村誌』1971。町報5-1983.3。町報6-1984.3。町教委『国指定史跡勝連史跡環境整備事業報告書』(1-3、1986、1988、1992年)。沖縄の城-1996.10。 
閉じる

勝連城跡の関連する遺跡グループ (0)

勝連城跡の関連する遺跡グループはありません。

勝連城跡の写真 (0)

勝連城跡の写真はありません。

勝連城跡のコメント (0)

勝連城跡のコメントはありません。