吉武高木遺跡

ふりがな
よしたけたかぎいせき 
時代
 
所在地
福岡県福岡市西区飯盛・吉武 
緯度経度
 
遺構概要
弥生前期末-墳墓-甕棺墓34+木棺墓4 歴博報56、墳墓-弥生II期-組合式木棺 
遺物概要
弥生前期末-細形銅剣2+銅釧2+勾玉2+管玉116+ガラス製小玉1、弥生中期初-細形銅剣7+細形銅戈1+細形銅矛1+多鈕細文鏡1+勾玉2+管玉230 歴博報56、多鈕細文鏡(銘文なし、完形11.1cm、1983年発掘、福岡市文化館(文化庁)所蔵・保管)、伴出、勾玉+管玉+細形銅剣+細形銅戈+細形銅矛 
発掘概要
 
その他概要
常松幹夫・下村智・横山邦継「吉武高木」『福岡市埋蔵文化財調査報告書』(1986)、埋文研究会20-1986、 福岡市歴史資料館『早良王墓とその時代-墳墓が語る激動の弥生社会-』(1986)、歴博報56(1994) 
閉じる

吉武高木遺跡の関連する遺跡グループ (0)

吉武高木遺跡の関連する遺跡グループはありません。

吉武高木遺跡の写真 (0)

吉武高木遺跡の写真はありません。

吉武高木遺跡のコメント (0)

吉武高木遺跡のコメントはありません。