川島銅鐸出土地/川島神後銅鐸出土地

ふりがな
/かわしまじんご 
時代
 
所在地
徳島県吉野川市川島町川島神後 
緯度経度
 
遺構概要
銅鐸出土地 
遺物概要
外縁付鈕2式2区銅鐸 センター報2002、外縁付鈕2式2区流水文銅鐸1 
発掘概要
センター報2002、1968年、川島の字神後から出土したと田所市太「阿波国の銅鐸発見地に就いて」(1917)にあるが、当時の所有者、大島寛太郎の令息の談として明治以前に出土ともいわれている。 
その他概要
旧、麻植郡川島町。 田所市太「阿波国の銅鐸発見地に就いて」『考古学雑誌』7-11(1917)、 梅原末治『銅鐸の研究』(1927)、埋文研究会20-1986、 島根県古代文化センター『青銅器埋納地調査報告書I』(2002) 
閉じる

川島銅鐸出土地/川島神後銅鐸出土地の関連する遺跡グループ (0)

川島銅鐸出土地/川島神後銅鐸出土地の関連する遺跡グループはありません。

川島銅鐸出土地/川島神後銅鐸出土地の写真 (0)

川島銅鐸出土地/川島神後銅鐸出土地の写真はありません。

川島銅鐸出土地/川島神後銅鐸出土地のコメント (0)

川島銅鐸出土地/川島神後銅鐸出土地のコメントはありません。