彼ノ宗遺跡

ふりがな
かのむねいせき 
時代
 
所在地
香川県善通寺市仙遊町2丁目 
緯度経度
 
遺構概要
旧練兵場遺跡の北西部にあたり、その一部をなすものと思われる。 弥生中期〜庄内併行期-竪穴住居38、弥生後期-小児壺棺墓15、古墳後期-掘立柱建物2+溝 歴博報56、集落-弥生(庄内式併行期)-竪穴住居 
遺物概要
埋文研究会20、後期末〜庄内併行期-銅鏡(倭製内行花文鏡か)1+甕+鉢+土玉 歴博報56、弥生小型倭製内行花文鏡(銘文なし、破片8.0cm、1984年発掘、善通寺市立郷土館蔵)、伴出、土製丸玉+甕+鉢 
発掘概要
 
その他概要
笹川龍一『彼ノ宗遺跡』(1985)、埋文研究会20-1986、歴博報56(1994) 
閉じる

彼ノ宗遺跡の関連する遺跡グループ (0)

彼ノ宗遺跡の関連する遺跡グループはありません。

彼ノ宗遺跡の写真 (0)

彼ノ宗遺跡の写真はありません。

彼ノ宗遺跡のコメント (0)

彼ノ宗遺跡のコメントはありません。