月岡古墳/月の岡古墳

ふりがな
つきのおかこふん 
時代
古墳 
所在地
福岡県うきは市吉井町若宮 
緯度経度
 
遺構概要
集成、古墳(前方後円墳)。<立地>沖積微高地。標高31m、周辺の水田からの比高1m、前方部3段・後円部3段、方位N80度W、周濠(盾形、一部で三重を確認)、墳長95m(基壇平坦部含む)、後円径54m・高現状7m、前方幅54m(基壇平坦面含む)・長48m・高現状6m、後前高差-1m、葺石あり、 (内部主体)位置:後円部、棺:長持形石棺 阿蘇溶結凝灰岩 身長2.4m・高1.1m・幅0.92m、蓋長2.63m・高0.47m・幅1.25m、槨:竪穴式石槨 推定長5.5m・高2m・幅2.7m 赤く塗る、ほかに複数の埋葬施設がある可能性あり、主軸とほぼ平行、乱掘:1805年(文化2)、地元の一部村民らが乱掘。 歴博報56、古墳中期-古墳(前方後円墳、竪穴式石室+長持形石棺)、墳長91.0m。 
遺物概要
集成、埴輪(円筒埴輪+朝顔形埴輪IV式)+二神二獣鏡1+倭製変形獣形鏡2+珠文鏡1金銅製帯金具+鉄剣+鉄刀+鉄矛+細根系鉄鏃+三角板革綴短甲8(鋲留短甲も含めて)+三角板鋲留短甲+横矧板鋲留短甲+眉庇付冑8+頸鎧+金銅製臑当+斧+鎌+金銅製鞍金具+鞍橋+木心鉄板被鐙+馬鐸+カコ+三環鈴。 歴博報56、斜縁二神二獣鏡(銘帯<文字>「吾作明竟□大□□長宜子富昌」</文字>、完形16.3cm、江戸以前出土、若宮八幡宮蔵)、 以下(銘文なし、江戸以前出土、若宮八幡宮蔵)共通、六獣鏡(完形11.9cm)、獣形鏡(完形9.5cm)、珠文鏡(完形6.9cm)、 伴出、臼玉+帯金具+勾玉+管玉+丸玉+砥石+鉄斧+鉄剣+鉄鏃+小札鋲留眉庇付冑+綴小札+金銅製臑当+胡禄金具+頸鎧+横矧板鋲留短甲+ 三角板革綴短甲+三角板鋲留短甲+金銅製鞍金具+銀製鞍金具+木心鉄板張輪鐙+馬鐸+鏡板付轡。 
発掘概要
集成、1988年町教委が範囲確認調査。 
その他概要
旧、浮羽郡吉井町。 LCd1/ON2901/PN630034/、<全国遺跡地図番号>14-199。 島田寅次郎「日ノ岡、月ノ岡古墳」(『福岡県史蹟名勝天然紀念物調査報告書』1、1925)。末永雅雄『日本上代の甲冑』(1934)。 九州考古学会『北九州古文化図鑑』2(1951)。児玉真一ほか『若宮古墳群』I・吉井町文化財調査報告書4集(1989)。 平川祐介『月岡古墳 国指定重要文化財出土図録』(1989)。『前方後円墳集成』(柳沢一男、1992)。歴博報56(1994)。 
閉じる

月岡古墳/月の岡古墳の関連する遺跡グループ (0)

月岡古墳/月の岡古墳の関連する遺跡グループはありません。

月岡古墳/月の岡古墳の写真 (0)

月岡古墳/月の岡古墳の写真はありません。

月岡古墳/月の岡古墳のコメント (0)

月岡古墳/月の岡古墳のコメントはありません。