鍋塚古墳

ふりがな
なべづかこふん 
時代
古墳 
所在地
大阪府交野市寺/森/森南 
緯度経度
 
遺構概要
集成、古墳(前方後方墳または前方後円墳)。<立地>尾根上。標高200.8m、周辺集落からの比高約155m、方位N46度E、墳長65m、後方辺34.2m・高4.7m、前方幅28.0m・長30.8m・高1.5m、くびれ幅16m、後前高差-3.2m、葺石あり、(内部主体)位置:後円(方)部頂中央、竪穴式石槨。 府Map2001、古墳前期-古墳、竪穴式石室。<立地>山地。<現況>山林。<保存状況>半壊。 
遺物概要
 
発掘概要
集成、1995年、市教委が前方部調査。 府Map2001、未調査。 
その他概要
奥野和夫『平成7年度交野市埋蔵文化財発掘調査概要』市文化財調査概要(市教委、1996)。『前方後円墳集成』(秋山浩三、2000)。府Map2001、地図66-63。 
閉じる

鍋塚古墳の関連する遺跡グループ (0)

鍋塚古墳の関連する遺跡グループはありません。

鍋塚古墳の写真 (0)

鍋塚古墳の写真はありません。

鍋塚古墳のコメント (0)

鍋塚古墳のコメントはありません。