馬ノ山4号墳/橋津4号墳

ふりがな
うまのやまよんごうふん/はしづよんごうふん 
時代
古墳 
所在地
鳥取県東伯郡湯梨浜町上橋津字馬ノ山746-36 
緯度経度
35.504639, 133.878917 
遺構概要
鳥取県遺跡地図2 1974、古墳(前方後円墳)。全長(推定復元値110m)、後円部直径58m。竪穴式石室1、箱式石4、円筒棺1、埴輪円筒形棺2、葺石。 集成、古墳(前方後円墳)。<立地>尾根上。標高30m、水田からの比高25m、方位N105度W、造出なし、周濠なし、墳長現存約88m、後円径約58m・高約10m、前方幅約35m・高約6m、後前高差-4m、葺石あり、前方部10m余り削られて短くなっている。 (第1主体)位置:後円部中央、割竹形木棺 推定長2.7m、竪穴式石槨 長8.51m・高0.95m・幅0.85m、主軸と平行、排水施設あり、遺体:頭位N75度E、(第2主体)後円部中央、箱式石棺長3.15m・高0.33m・幅0.45m、主軸と平行、排水施設なし、遺体:女成人・頭位N75度E、 (第3主体)前方部南側、埴製円筒棺高1.61m・径0.33m、主軸と平行、排水施設なし、(第4主体)前方部、箱式石棺長1.8m・高0.35m・幅0.33m、主軸と平行、排水施設なし、遺体:女熟年・頭位N75度E、 (第5主体)前方部、箱式石棺長0.55m・高0.18m・幅0.22m、主軸と平行、排水施設なし、乱掘あり、(第6主体)前方部、箱式石棺長0.9m・高0.3m・幅0.23m、主軸と平行、排水施設なし、 (第7主体)前方部、円筒埴輪棺、円筒埴輪、高0.94m・径0.44m、主軸と直交、排水施設なし、(第8主体)前方部、円筒埴輪棺、円筒埴輪、高0.89m・径0.4m、主軸と平行、排水施設なし、(第9主体)後円部裾、円筒棺、直交、排水施設なし。 歴博報56、古墳前期-古墳(前方後円墳、竪穴式石室+割竹形木棺)、墳長88.0m復元推定長100.0m 
遺物概要
鳥取県遺跡地図2 1974:鏡7+剣1+直刀2+勾玉3+管玉22+石釧8+車輪石4+鉄斧1ほか。埴輪(円筒埴輪、家形埴輪)。 集成、埴輪(円筒埴輪+朝顔形埴輪+家形埴輪1片(詳細不明)+壺形埴輪か)、(第1主体棺内)画文帯蟠龍乳四神鏡1+三角縁三神二獣博山炉鏡1+方格規矩鳥文鏡1+倭製内行花文鏡1+盤龍鏡1+硬玉製勾玉1+碧玉製管玉17+石釧12+車輪石3、(第1主体棺外)鉄剣1+直刀2+鋸1+斧1+ヤリガンナか2、 (第2主体棺内)倭製環状乳神獣鏡1+硬玉製勾玉2+碧玉製管玉5、(第2主体棺外)直刀1、(第3主体)倭製内行花文鏡1。 歴博報56、波文帯三神二獣博山炉鏡(銘文なし、完形21.6cm、1956年出土、東博蔵)、 以下、記述のないものは(銘文なし、1956年出土、東博蔵)共通、画文帯蟠龍乳四神鏡(完形19.8cm)、 倭製方格規矩鏡(銘帯<文字>「好旦明上景未守作意□去不羊子□干□□□長楽天□□□作大鏡」</文字>、欠損15.2cm)、 倭製七弧内行花文鏡(完形12.0cm)、盤龍形鏡(完形11.4cm)、伴出、硬玉製勾玉+碧玉製管玉+鉄斧+鋸+ヤリガンナか+剣+直刀+ 碧玉製石釧+碧玉製車輪石、第1箱式石棺:倭製環状乳神獣鏡(完形14.1cm、彩色あり)、伴出、硬玉製勾玉+碧玉製管玉+直刀、 第1埴製円筒棺:(完形11.5cm、文化庁蔵・羽合町保管)。 
発掘概要
 
その他概要
旧、東伯郡羽合町。 佐々木古代文化研究室『馬山古墳群』(1962)。鳥取県遺跡地図2 1974、3-2837。山陰考古学研究所『山陰の前期古墳文化の研究』I(1978)。『前方後円墳集成』(野田久男、1991)、歴博報56(1994)。『県史1』、『羽合町史』前編、『日本古墳の研究』。 
閉じる

馬ノ山4号墳/橋津4号墳の関連する遺跡グループ (1)

卒論使用古墳』 登録遺跡数:50 ブタのご主人様 2008年11月29日 4時20分
卒論に使う古墳です

馬ノ山4号墳/橋津4号墳の写真 (0)

馬ノ山4号墳/橋津4号墳の写真はありません。

馬ノ山4号墳/橋津4号墳のコメント (0)

馬ノ山4号墳/橋津4号墳のコメントはありません。