小原山興法寺跡

ふりがな
おばらさんこうほうじあと 
時代
鎌倉 
所在地
京都府京丹後市弥栄町吉沢小原 
緯度経度
35.631750, 135.100528 
遺構概要
町報17 (鎌倉-土坑+溝+ピット)。 府Map2001、寺院。鎌倉-土坑+溝ほか。 
遺物概要
町報17 (鎌倉-土師器(皿)+土師器(鍋)+陶磁器+小刀)。 府Map2001、鎌倉-土師器+黒色土器+青磁+鉄刀。 
発掘概要
公園整備事業。 府Map2001、1998年発掘。 
その他概要
旧、竹野郡弥栄町。 「弥栄町内遺跡発掘調査報告」(『京都府弥栄町文化財調査報告』17、1999)。府Map2001、地図5、170。 
閉じる

小原山興法寺跡の関連する遺跡グループ (0)

小原山興法寺跡の関連する遺跡グループはありません。

小原山興法寺跡の写真 (9)


mm3610
mm3610 2018年12月15日 21時19分

mm3610
mm3610 2018年12月15日 21時17分

mm3610
mm3610 2018年12月15日 21時14分

mm3610
mm3610 2018年12月15日 21時13分

mm3610
mm3610 2018年12月15日 21時13分

mm3610
mm3610 2013年10月15日 18時12分

mm3610
mm3610 2013年10月15日 18時11分

mm3610
mm3610 2013年10月15日 18時11分
2013年9月21日現在の本堂、鐘楼、手水鉢等です。
mm3610
mm3610 2013年10月15日 18時10分
2013年9月21日現在の本堂、鐘楼、手水鉢等です。

小原山興法寺跡のコメント (2)

mm3610 2018年12月15日 21時28分
五輪塔を確認しました。(2016.9.10と2017.03.19) 2017年3月の当日、お寺の本堂の周りには残雪がありました。(この年の雪の量は多かったようです)
mm3610 2013年10月15日 18時27分
写真は、2013年9月21日撮影しました。本堂、鐘楼(釣鐘は第二次大戦に供出されました)、手水鉢(宮津市の文殊堂にあるものと兄弟と聞いています。ちなみに重文とかでは無いようです)、秋葉神社 が現存していますよ。庫裏は、2012年春に取り壊されたようです。尚、少し離れた山中に、後藤又衛(この文字でいいのかな)さんの五輪塔があります。(ここ20年程確認していませんが)本当かどうかは未確認です。