東求女塚古墳

ふりがな
ひがしもとめづかこふん 
時代
弥生/古墳 
所在地
兵庫県神戸市東灘区住吉宮町1 
緯度経度
34.712806, 135.264389 
遺構概要
集成、古墳(前方後円墳)。<立地>平野(海浜部低地)。標高6m、周辺の低地からの比高1m、方位ほぼ北西、周濠(幅10m、残存深1m)、墳長80m、後円径約47m、前方幅36m以上・長31m以上、葺石あり(主に花崗岩)、基底部から1mほどの高さまで残存。周濠底は北から南へ傾斜。一部陸橋の可能性あり、 (第2主体)位置:前方部、槨:竪穴式石槨、遺体:人骨あり(下顎骨)、乱掘:明治中頃に土取、(第1主体)竪穴式石槨。 歴博報56、古墳前期-古墳(前方後円墳、竪穴式石室)、墳長80.0m。 
遺物概要
集成、埴輪なし、(葺石上や周濠内)須恵器+土師器+土錘、(第2主体)三角縁神獣鏡4+内行花文鏡1+画文帯神獣鏡1鏡片2+車輪石2+鉄刀1+木片、(第1主体)内行花文鏡1+獣形鏡1(鏡片)。 歴博報56、六弧内行花文鏡(破片、15.5cm、1870年・1903〜1904年出土、村上吉胤所蔵)、以下出土年共通、 九弧内行花文鏡(破片16.4cm、現物行方不明)、画文帯神獣鏡(<文字>「天王日月」</文字>、破片17.6cm、現物行方不明)、 三角縁獣文帯三神三獣鏡(<文字>「天・王・日・月」</文字>、欠損22.0cm、東博蔵、同型鏡:奈良県桜井茶臼山古墳、福岡県原口古墳ほか)、 三角縁唐草文帯四神四獣鏡(<文字>「天王日月」</文字>、完形22.0cm、東博蔵、同型鏡:京都府寺戸大塚古墳)、 三角縁獣文帯二神三獣一虫鏡(<文字>「天・王・日・月・吉」</文字>、完形22.2cm、東博蔵)、 三角縁獣文帯四神四獣鏡(<文字>「天・王・日・月」</文字>、21.5cm、所蔵・保管者不明)、鏡式不明(破片、村上吉胤所蔵)縁小破片2+鈕破片1、伴出、車輪石。 
発掘概要
集成、1876年頃、前方部から木棺材発見。1900年頃、後円部から石材出土。1904年、阪神電鉄軌道敷の土取場となり前方部消失。1955年前後、後円部削平され、求女塚東公園となる。1982年、遊喜幼稚園園舎改築に伴い市教委が発掘調査。1989年5月1日実査。 
その他概要
梅原末治「武庫郡住吉町呉田の求女塚」(『兵庫県史蹟名勝天然記念物調査報告書』2、1925)。渡辺伸行「東求女塚古墳」(『昭和57年度 神戸市埋蔵文化財年報』、1985)。『前方後円墳集成』(森岡秀人、1992)。歴博報56(1994)。兵庫県遺跡地図1 2000、96-11012。 
閉じる

東求女塚古墳の関連する遺跡グループ (1)

三角縁神獣鏡出土遺跡』 登録遺跡数:39 あぶくまアカデミー 2010年2月23日 8時4分
座標の明らかな古墳

東求女塚古墳の写真 (0)

東求女塚古墳の写真はありません。

東求女塚古墳のコメント (0)

東求女塚古墳のコメントはありません。