五郎山古墳

ふりがな
ごろうやまこふん 
時代
古墳 
所在地
福岡県筑紫野市原田3丁目9番5号 
緯度経度
33.452194, 130.545722 
遺構概要
市報46(古墳(円墳)、横穴式石室)。 市報57(古墳-古墳)。 県年報1996(古墳-周溝+石室)。 埋文研究会2002、<立地>丘陵南側先端部、墳丘・外表施設:古墳(円墳(二段築成(約32m))、周溝)、内部主体・施設:横穴式石室(複室)、時期:6世紀後半、図文の場所・方法:玄室奥壁+両側壁+玄室両袖石、彩色(黒+赤+緑)、図文の種類:船+家+武具類+人物+動物+同心円文。首長墓系列。 埋文ニュース119、古墳(6世紀後半)-古墳(円墳)、径32m、高約5.5m、横穴式石室(前後に2室をもつ)、1997年度・1998年度、遺跡内地形としてののり面に植生土のう工・補強土工(盛土)、1999年度、遺跡内地形としての自然斜面に植生マット工・補強土工(盛土)、装飾古墳。 
遺物概要
市報57(須恵器+土師器) 埋文研究会2002、須恵器+土師器+装身具(勾玉+管玉+小玉+金環+銅釧)+鉄鏃+刀子+刀装具+馬具。 埋文ニュース119、金環+管玉+勾玉+刀子+須恵器など。 
発掘概要
保存整備事業 
その他概要
町報37-1996.3(第1次)。市報57-1998.3。県年報1996-1999.5。 武末純一「国史跡五郎山古墳」(筑紫野市文化財調査報告書57、1998)、 第51回埋蔵文化財研究集会『装飾古墳の展開〜彩色系装飾古墳を中心に〜』資料集(2002) 埋蔵文化財ニュース119(2005) 
閉じる

五郎山古墳の関連する遺跡グループ (0)

五郎山古墳の関連する遺跡グループはありません。

五郎山古墳の写真 (0)

五郎山古墳の写真はありません。

五郎山古墳のコメント (0)

五郎山古墳のコメントはありません。