金剛峯寺遺跡

ふりがな
こんごうぶじいせき 
時代
平安/室町/中世細分不明/江戸/近世細分不明/不明 
所在地
和歌山県伊都郡高野町高野566・272・49-7・674-1 
緯度経度
37.793750, 136.426972 
遺構概要
県センター報(平安末-土坑/室町中頃-溝/江戸-土坑)。 県年報2001(中世-柱穴+溝+礎石) 
遺物概要
県センター報(瓦器(小型椀)+土師器(皿)+備前(擂鉢+甕+壺)+常滑(甕)+瀬戸(灰釉陶器)+天目茶椀+中国産青磁+白磁+染付+瓦質土器+土師質土器+東播系須恵器(捏鉢)+伊万里+唐津+近世陶磁器+石鍋+金属製品+木製品など)。 県年報2001(中世-瓦質土器/近世-古伊万里(金襴手、鉢))。 
発掘概要
尼僧研修道場建設・清浄心院増築工事・個人住宅建築・歩道工事 
その他概要
県センター報-1995.6(遺物整理事業)。県年報2001-2003.3。県年報2002-2004.3 
閉じる

金剛峯寺遺跡の関連する遺跡グループ (0)

金剛峯寺遺跡の関連する遺跡グループはありません。

金剛峯寺遺跡の写真 (0)

金剛峯寺遺跡の写真はありません。

金剛峯寺遺跡のコメント (0)

金剛峯寺遺跡のコメントはありません。