八田原遺跡

ふりがな
やつたはらいせき 
時代
旧石器/縄文/中世細分不明/近世細分不明 
所在地
静岡県三島市沢地字八田原 
緯度経度
35.149111, 138.932417 
遺構概要
県報(縄文-配石+土坑)。 県研究所報87(旧石器-石器集中+礫群+土坑/縄文-遺物集中+土坑/中世〜近世-土坑(墓か)) 
遺物概要
県報(旧石器-ナイフ形石器+石皿+剥片/縄文-縄文土器+石鏃+石皿+剥片)。  県研究所報87(旧石器-石槍+ナイフ形石器+掻器+削器+楔形石器+石核+剥片/縄文-縄文土器(押型文+諸磯b式)+有茎尖頭器+石鏃+石匙+打製石斧) 
発掘概要
東駿河湾環状道路建設工事 道路建設 
その他概要
県報-1995.5 県研究所報87-1997.3 
閉じる

八田原遺跡の関連する遺跡グループ (0)

八田原遺跡の関連する遺跡グループはありません。

八田原遺跡の写真 (0)

八田原遺跡の写真はありません。

八田原遺跡のコメント (0)

八田原遺跡のコメントはありません。