風返稲荷山古墳/稲荷塚古墳

ふりがな
かざかえしいなりやまこふん/いなりづかこふん 
時代
古墳 
所在地
茨城県かすみがうら市安食字風返 
緯度経度
 
遺構概要
集成、古墳(前方後円墳)。<立地>台地。標高20m、周辺からの比高約5m、方位ほぼW、周濠(幅20m)、墳長70m、後円径35m・高7m、前方幅45m(第1主体)位置:後円部、箱式石棺(石室の奥に3個)、横穴式石室(複室)全長8m・幅2m、(第2主体)くびれ部、箱式石棺長2m。 
遺物概要
集成、ガラス製丸玉多数+金銅製蜜柑玉数個+金銅製耳飾4+直刀2+頭椎大刀1+円筒大刀2+弭1+刀子1+馬具+須恵器(長頸壺+平壺+ハソウ+高杯)+銅椀。 
発掘概要
集成、1964年、日本大学考古学研究会が発掘調査。1968年、平沢一久ほかが調査。 
その他概要
旧、塩谷郡喜連川町。 平沢一久・竹石健二「稲荷山古墳」(『茨城県史料』考古資料編・古墳時代、1974)。 『前方後円墳集成』(佐藤政則、1994)。 霞ヶ浦町遺跡調査会『風返稲荷山古墳』(2000)。 風返し稲荷山古墳を風返稲荷山古墳に訂正、『前方後円墳集成』(萩野谷悟、2000)。 
閉じる

風返稲荷山古墳/稲荷塚古墳の関連する遺跡グループ (0)

風返稲荷山古墳/稲荷塚古墳の関連する遺跡グループはありません。

風返稲荷山古墳/稲荷塚古墳の写真 (0)

風返稲荷山古墳/稲荷塚古墳の写真はありません。

風返稲荷山古墳/稲荷塚古墳のコメント (0)

風返稲荷山古墳/稲荷塚古墳のコメントはありません。