富田斉藤窯跡

ふりがな
とみどさいとうまあと 
時代
江戸 
所在地
香川県さぬき市大川町南川横井 
緯度経度
 
遺構概要
歴博報73、2基、民窯、登窯+開放窯、文化2(1805)〜天保(1830〜1844)、楽焼を含む。 
遺物概要
歴博報73、陶器、供膳+飲酒+茶花+喫煙+煮炊+貯蔵+宗教+玩具。 
発掘概要
 
その他概要
「旧大川郡大川町」。 『斉藤家文書』。豊田基「東讃の古窯に関する研究」(『文化財協会報 特別号』、1965)。松浦正一・豊田基『吉金窯を中心とした古富田列品目録』(1970)。池田益衛・豊田基「陶業」(『大川町史』、1977)。丸山和雄・豊田基「四国のやきもの・讃岐のやきもの」(『日本やきもの集成10』、1982)。 豊田基『香川の美(陶芸)1』(1985)。豊田基『香川の工芸100年展(陶芸)』(1988)。『国立歴史民俗博物館研究報告 第73集』(1997)。  
閉じる

富田斉藤窯跡の関連する遺跡グループ (0)

富田斉藤窯跡の関連する遺跡グループはありません。

富田斉藤窯跡の写真 (0)

富田斉藤窯跡の写真はありません。

富田斉藤窯跡のコメント (0)

富田斉藤窯跡のコメントはありません。