志谷奥遺跡

ふりがな
しだにおく 
時代
 
所在地
島根県松江市鹿島町佐陀本郷志谷奥 
緯度経度
35.516972, 132.991444 
遺構概要
銅鐸・銅剣出土地/青銅器出土地 センター報2002、埋納坑を発掘調査で確認。銅鐸を鈕を下または上にして置き、その上に銅剣6本が鋒を下に向けて重ねて置かれる。 
遺物概要
外縁付鈕1式4区袈裟襷文銅鐸1+扁平鈕式4区袈裟襷文銅鐸1+中細形銅剣c類6。 
発掘概要
センター報2002、柿の木に施肥しようと穴を掘ったところ出土(1973)。 
その他概要
旧、八束郡鹿島町。 LCa4/ON/PN/。<全国遺跡地図番号>1-17。 鹿島町教委『志谷奥遺跡』(1976)。勝部昭「志谷奥遺跡発掘」『えとのす』16(1981)。勝部昭「出雲・隠岐発見の青銅器」『古文化談叢』8(1981)。勝部昭「島根県志谷奥出土の銅鐸・銅剣」『考古学雑誌』68-1(1982)。三宅博士・松本岩雄「島根県出土の青銅器について」『月刊文化財』261(1985)。 『増補改訂 島根県遺跡地図I(出雲・隠岐編)』(県教委 1993)。Map1993、18-K58(旧番号2142)。埋文研究会20-1986、島根県古代文化センター『青銅器埋納地調査報告書I』(2002)。 
閉じる

志谷奥遺跡の関連する遺跡グループ (0)

志谷奥遺跡の関連する遺跡グループはありません。

志谷奥遺跡の写真 (0)

志谷奥遺跡の写真はありません。

志谷奥遺跡のコメント (0)

志谷奥遺跡のコメントはありません。