熊野古墳/市川1号墳

ふりがな
くまのこふん/いちかわいちごうふん 
時代
古墳 
所在地
茨城県かすみがうら市市川字大塚40 
緯度経度
 
遺構概要
Map2:古墳、<現況>山林・原野。 集成、古墳(前方後円墳)。<立地>台地上。標高23m、恋瀬川の低地からの比高18m、方位N98度E、墳長68m、後円径約40m・高7.6〜8.5m・頂径約16m、前方幅約23m・長約28m・高3.4m、くびれ幅9〜10m、後前高差約-4m。 
遺物概要
集成、(後円部墳頂北側)土師器(二重口縁壺)。 
発掘概要
集成、1988年9月実査。1996年3月、茨城大学が測量調査。 
その他概要
旧、新治郡千代田村。旧、新治郡千代田町。 1977年県史跡指定。 LCd1/ON2019/PN/。<全国遺跡地図番号>15-157。 茨城県教育庁社会教育課『茨城県古墳総覧』(1959)。千代田村史編さん委『千代田村史』(1970)。茨城県教育庁文化課『重要遺跡調査報告書III』(1986)。Map2-50-2019。『前方後円墳集成』(佐藤政則、1994)。田中裕「茨城県千代田町熊野古墳の測量調査」(『茨城大学先史学・考古学研究』8、1997)。『前方後円墳集成』(萩野谷悟、2000)。 
閉じる

熊野古墳/市川1号墳の関連する遺跡グループ (0)

熊野古墳/市川1号墳の関連する遺跡グループはありません。

熊野古墳/市川1号墳の写真 (0)

熊野古墳/市川1号墳の写真はありません。

熊野古墳/市川1号墳のコメント (0)

熊野古墳/市川1号墳のコメントはありません。