ヒエ塚古墳

ふりがな
ひえづかこふん 
時代
古墳 
所在地
奈良県天理市萱生町ヒエヅカ/萱生町ヒエ塚 
緯度経度
34.574111, 135.846889 
遺構概要
古墳(前方後円墳)。全長約120m、後円部径60m、前方部幅55m。 集成、古墳(前方後円墳)。<立地>平野。標高90m、畑地からの比高0m、前方部2段か・後円部3段か、方位N87度W、周濠ありか(存在の可能性あり)、墳長約125m、後円径約60m・高約10m、前方幅約55m以上・長約70m・高約7.5m、くびれ幅約39m、葺石あり。 
遺物概要
集成、埴輪なし。 
発掘概要
集成、1987年3月5日実査。 
その他概要
<25000分の1地形図>NI-53-14-4-4。<全国遺跡地図番号>3-1251。 伊藤勇輔「ヒエ塚古墳」(『磯城・磐余地域の前方後円墳』奈良県史跡名勝天然記念物調査報告42、1981)。『前方後円墳集成』(広瀬和雄、1992)。 
閉じる

ヒエ塚古墳の関連する遺跡グループ (0)

ヒエ塚古墳の関連する遺跡グループはありません。

ヒエ塚古墳の写真 (0)

ヒエ塚古墳の写真はありません。

ヒエ塚古墳のコメント (0)

ヒエ塚古墳のコメントはありません。