黒川洞窟遺跡/黒川式洞穴

ふりがな
 
時代
縄文 
所在地
鹿児島県日置市吹上町坊野/永吉砂走/永吉柱野 
緯度経度
31.553306, 130.401417 
遺構概要
洞窟。 県Map73、<立地>山腹。<保存状況>破壊。 県考古学会1988、洞窟2。東洞窟は入口幅11m、高4.35m、奥行き8.4m、馬蹄形。西洞窟は入口幅13.3m、高6m、奥行き不明、黒川神社あり。 縄文前期-炉/縄文晩期-排水溝+土壙15+炉+標石(熟年女性の埋葬)。<立地>地層はシラスと溶結凝灰岩、標高84m。 
遺物概要
県Map73、縄文(前期+晩期)-縄文土器(曽畑式+轟B式+黒川式)+石器+獣骨器。 県考古学会1988、縄文(前期+中期+後期+晩期)-縄文土器(轟II式+曽畑式+阿高式+指宿式+市来式+御領式+黒川式+刻目突帯文)+動物遺存体(哺乳類+鳥+魚+貝+カエル+カメなど)/弥生(前期+中期+後期)-弥生土器 
発掘概要
県考古学会1988、河口貞徳ほか。1952年8月1日〜8日・1964年11月18日〜24日・1965年8月14日〜20日・1967年7月29日〜8月8日。 
その他概要
旧、日置郡吹上町。 LCc3/ON83/PN34-1/。<全国遺跡地図番号> 12-48。 河口貞徳「黒川洞窟発掘報告」『鹿児島県考古学会紀要』2(1952)。 河口貞徳「鹿児島県黒川洞穴」『日本の洞穴遺跡』(1967)。河口貞徳「鹿児島県黒川洞穴」『考古学ジャーナル』13(1967)。 鹿児島県教委『鹿児島県遺跡地図』(1973)。県Map73、34-1。 鹿児島県考古学会『鹿児島県下の縄文時代晩期遺跡』(1988)。  
閉じる

黒川洞窟遺跡/黒川式洞穴の関連する遺跡グループ (0)

黒川洞窟遺跡/黒川式洞穴の関連する遺跡グループはありません。

黒川洞窟遺跡/黒川式洞穴の写真 (0)

黒川洞窟遺跡/黒川式洞穴の写真はありません。

黒川洞窟遺跡/黒川式洞穴のコメント (0)

黒川洞窟遺跡/黒川式洞穴のコメントはありません。