三口遺跡

ふりがな
みくちいせき 
時代
弥生/古墳/飛鳥白鳳/奈良/平安/古代細分不明/近世細分不明 
所在地
大分県中津市大字万田字三口/大字相原388・3451-1殿町ほか 
緯度経度
33.570750, 131.187833 
遺構概要
包含地。県年報3(古墳-竪穴住居7/平安-掘立柱建物8/不明-溝2)。<立地>自然堤防。<現況>畑。 <保存状況>良好。 県年報7(古代-竪穴住居2+掘立柱建物1+井戸1+ピット+水田/近世-溝) 
遺物概要
県年報3(6世紀-須恵器/10世紀-土器/8世紀〜10世紀-土師器+墨書土器など)。 県年報7(古代-須恵器+土師器) 
発掘概要
市道建設・農道整備 
その他概要
LCc4/ON/PN/。県年報3-1995.3。<全国遺跡地図番号>1-31。大分県遺跡地図1993、101041。県年報7-1999.3 
閉じる

三口遺跡の関連する遺跡グループ (0)

三口遺跡の関連する遺跡グループはありません。

三口遺跡の写真 (0)

三口遺跡の写真はありません。

三口遺跡のコメント (0)

三口遺跡のコメントはありません。