原口古墳

ふりがな
はらぐちこふん 
時代
古墳 
所在地
福岡県筑紫野市武蔵原口 
緯度経度
 
遺構概要
集成、古墳(前方後円墳(帆立貝式))。<立地>丘陵先端。標高53m、水田からの比高約18m、方位N36度W、周濠(未確認)、墳長約73m(復元81m)、後円径復元56m・高約10m、前方幅約26m・長復元25m・高約4m、くびれ幅約20m、後前高差-5.5m、葺石あり、(内部主体)後円部、木棺直葬か、主軸と直交か。 歴博報56、古墳前期-古墳(前方後円墳、粘土槨+割竹形木棺)。 
遺物概要
集成、三角縁三神三獣鏡3+管玉+丸玉類5(ともに材質不明)+鉄刀2+斧4。 歴博報56、三角縁獣文帯長宜子孫銘三神三獣鏡(鈕帯<文字>「長」</文字>+<文字>「宜」</文字>+<文字>「子」</文字>+<文字>「孫」</文字>、完形22.6cm、1932年出土、東博蔵)、 三角縁獣文帯天王日月銘三神三獣鏡(銘帯<文字>「天王」</文字>+<文字>「日」</文字>+<文字>「月」</文字>+<文字>「日」</文字>+<文字>「月」</文字>、完形21.85cm、1932年出土、東博蔵)、 同(銘帯<文字>「天王日月」</文字>、完形22.6cm、1932年出土、綾部蔵)、伴出、直刀+管玉+丸玉+鉄斧。 
発掘概要
集成、1932年土地所有者による開墾中発見。 詳細不明。 
その他概要
LCa1/ON482/PN170057/。<全国遺跡地図番号>13-168。 島田寅次郎「異例の古墳」福岡県史蹟名勝天然紀念物調査報告書10集(1935)。『前方後円墳集成』(森山栄一、1992)。歴博報56(1994)。 
閉じる

原口古墳の関連する遺跡グループ (0)

原口古墳の関連する遺跡グループはありません。

原口古墳の写真 (0)

原口古墳の写真はありません。

原口古墳のコメント (0)

原口古墳のコメントはありません。