東宮山古墳

ふりがな
とうぐうさんこふん 
時代
 
所在地
愛媛県四国中央市妻鳥町山口 
緯度経度
 
遺構概要
古墳(円墳)。 歴博報56、古墳後期-古墳(円墳、竪穴系横口石室)、墳径14.0m 
遺物概要
歴博報56、内行花文鏡(鈕座<文字>「長宜子孫」</文字>、完形9.6cm、1894年出土、宮内庁蔵)、伴出、金銅製透彫帯式冠+金環+銀製平玉+水晶製切子玉+碧玉製管玉+コハク製棗玉+銅小鈴+三葉環頭把頭+衝角付冑+鹿角製舌+馬鐸+須恵器+土師器 
発掘概要
 
その他概要
LCa2/ON1/PN/。<全国遺跡地図番号>14-34。旧、川之江市。 三木文雄「妻鳥陵墓参考地東官山古墳の遺物と遺構について」『書陵部紀要』23(1971)。歴博報56(1994)。 
閉じる

東宮山古墳の関連する遺跡グループ (0)

東宮山古墳の関連する遺跡グループはありません。

東宮山古墳の写真 (0)

東宮山古墳の写真はありません。

東宮山古墳のコメント (0)

東宮山古墳のコメントはありません。