桂坪12号墳

ふりがな
かつらつぼじゅうにごうふん 
時代
古墳 
所在地
岡山県美作市桂坪 
緯度経度
35.088000, 134.293556 
遺構概要
集成、古墳(前方後円墳)。<立地>丘陵頂部。標高240m、周囲の水田からの比高30m、方位N、墳長34m、後円径17.8m・高3.0m、前方幅12m・長16.2m・高1.5m、くびれ幅7m、後前高差-1m。 Map2003:川上川の右岸、全長約35m、後円部20m、高2m、前方部長15m、幅20m、後円部中央に盗掘坑あり。<立地>丘陵頂部。 
遺物概要
 
発掘概要
集成、1997年12月実査。 
その他概要
旧、英田郡大原町。 LCb1/ON/PN/。<全国遺跡地図番号> 8-42。 宇垣匡雅『川戸古墳群発掘調査報告書』(町教委、1995)。『前方後円墳集成』(安川豊史、2000)。『改訂 岡山県遺跡地図』2003。Map2003、7-71。 
閉じる

桂坪12号墳の関連する遺跡グループ (0)

桂坪12号墳の関連する遺跡グループはありません。

桂坪12号墳の写真 (0)

桂坪12号墳の写真はありません。

桂坪12号墳のコメント (0)

桂坪12号墳のコメントはありません。