椒古墳/椒浜古墳

ふりがな
はじかみこふん/はじかみはまこふん 
時代
古墳 
所在地
和歌山県有田市初島町浜字経塚 
緯度経度
34.111639, 135.120556 
遺構概要
集成、古墳(前方後円墳(帆立貝式))。<立地>平地(海浜)。<保存状況>前方部破壊消失。東亜燃料工場内、標高5m、海面からの比高5m、N140度W、周濠(幅7m)、後円径21m(現存19m)・高3m、(内部主体)位置:後円部、横穴式石室。 歴博報56、古墳後期-古墳(前方後円墳、横穴式石室+箱式石棺)。 
遺物概要
集成、埴輪未確認、ダ竜文鏡+硬玉製管玉+金銅製装飾金具(円+楕円+六花)+帯金具+石製模造品(滑石製石枕1)+鉄刀2以上+鉄槍3+蒙古鉢形眉庇付冑1+挂甲。短甲も出土したといわれる、斧1+土師器(高杯2+小型丸底壺5)。 歴博報56、キ龍文鏡(銘文なし、完形11.8cm、1908年出土、東博蔵)、伴出、管玉+刀+矛+斧+鏃+冑+甲+石枕+土師器(高杯+壺)。 
発掘概要
集成、森本六爾『川柳村将軍塚の研究』(1929)の中に記載わずかにあり。 
その他概要
LCb2/ON290/PN4-3/。<全国遺跡地図番号>5-29。 末永雅雄ほか「椒浜古墳」(『初島町誌』、1962)。羯磨正信『和歌山県有田市椒古墳』(1968)。澄田正一「四〓文鏡について」(『日本古文化論攷』、1970)。巽三郎「高野山の古鏡」(『高野山八葉学会々報』3、1970)。『前方後円墳集成』(冨加見泰彦、1992)。歴博報56(1994)。 
閉じる

椒古墳/椒浜古墳の関連する遺跡グループ (0)

椒古墳/椒浜古墳の関連する遺跡グループはありません。

椒古墳/椒浜古墳の写真 (0)

椒古墳/椒浜古墳の写真はありません。

椒古墳/椒浜古墳のコメント (0)

椒古墳/椒浜古墳のコメントはありません。