鈩田遺跡

ふりがな
たたらだいいせき 
時代
古墳/奈良/平安 
所在地
兵庫県南あわじ市志知鈩高所/志知南字大塚ほか 
緯度経度
34.301556, 134.740667 
遺構概要
包含地。銅鏡出土地。歴博報56、集落-弥生V期-溝。 郡年報I(平安-柱穴+小土坑) 
遺物概要
銅鏡(小型倭製内行花文鏡IIa、V〜庄内)1+土器 歴博報56、弥生小型倭製鏡(六弧内行花文鏡)(銘文なし、完形8.5cm、1983年発掘、兵庫県教委蔵)、伴出、弥生土器。 郡年報I(古墳-土師器(壺)/平安-土師器(皿+椀)) 
発掘概要
陸の港建設整備事業 
その他概要
LCa4/ON4826/PN/、<全国遺跡地図番号>30-26。旧、三原郡西淡町。 兵庫県教委「最近の発掘成果から」『ひょうごの遺跡』1(1984)、埋文研究会20-1986、 吉識雅仁・岸本一宏「鈩田遺跡-淡路縦貫道関係埋蔵文化財調査報告書-」『兵庫県文化財調査報告書』78(1990)、 歴博報56(1994)。 兵庫県遺跡地図1 2000、109-960133。郡年報I-2001.3 
閉じる

鈩田遺跡の関連する遺跡グループ (0)

鈩田遺跡の関連する遺跡グループはありません。

鈩田遺跡の写真 (0)

鈩田遺跡の写真はありません。

鈩田遺跡のコメント (0)

鈩田遺跡のコメントはありません。