久津川車塚古墳

ふりがな
くつかわくるまつかこふん/くつがわくるまづかこふん 
時代
古墳 
所在地
京都府城陽市平川字車塚/字山道/字横道/字鍛治塚 
緯度経度
34.863806, 135.778278 
遺構概要
古墳(前方後円墳)。 集成、古墳(前方後円墳)。<立地>段丘平坦面。標高約31m、周辺からの比高0m、前方部3段・後円部3段、方位N159度W、造出なし、周濠(盾形)、周庭あり(外堤幅約20m、区画溝)、総長濠の外側で約223m(区画溝を含めると総長約278m)、墳長約180m、後円径約112m・高約17m・頂径約37m、前方幅約124m・長約87m・高約16m、くびれ幅約85m、後前高差-1m、 葺石あり、葺石は外堤内側斜面にもあり。(内部主体)位置:後円部前方寄り、棺:長持形石棺・竜山石・全長約2.4m、高1.6m、幅1.1m、内法長1.9m、幅0.8m、身の深0.7m、石棺底に白石を敷く。主軸との関係:ほぼ平行、遺体:頭位N167度W、副室:短辺両側に副室(天井石は竜山石)、乱掘:あり(1894年)。 歴博報56、古墳中期-古墳(前方後円墳、長持形石棺(石棺直葬))、墳長183.0m。 市報33(5世紀前半-外堤埴輪列)。 市報35(5世紀前半-外堤+外濠)。 市報40(古墳-前方部南面斜面の墳丘1段目斜面)。 府Map2003、古墳中期前半-葺石+周濠+外堤+長持形石棺。三段築成。<立地>台地。<保存状況>完存。 
遺物概要
集成、埴輪(円筒埴輪+朝顔形埴輪III式+器財埴輪(蓋形埴輪+盾形埴輪)+家形埴輪、外堤より4基の埴輪棺発見。埴輪列は墳頂および各平坦面と外堤上に存在)、 (棺内)画文帯同向式神獣鏡1+三角縁銘帯四神四獣鏡1+倭製四獣形鏡4+画文帯環状乳神獣鏡1+三角縁獣帯三神三獣鏡1(伝車塚出土)+硬玉製勾玉2+碧玉製管玉20以上+ガラス製小玉53以上+石製模造品(滑石製勾玉5000以上+臼玉+滑石製刀子40以上)+鉄剣1+鉄刀6、 (南副室)石製模造品(滑石製合子1+盤1)+鉄剣10以上+鉄刀50以上+鉄槍1+鏃(類銅鏃+長柳葉形鉄鏃など)50以上+刀子2、 (北副室)三角板革綴短甲5+三角板革綴衝角付冑2+竪矧細板鋲留衝角付冑1+小札鋲留衝角付冑2+板綴4+頸鎧3+肩鎧4以上+挂甲1+篠籠手1+手甲1。 歴博報56、画文帯同向式神獣鏡(半円方格帯<文字>「吾作明竟□幽〓三商 配像萬彊 競從序道 敬奉賢良 周刻典祀 百身長樂 衆事主陽 福祿正明 富貴安樂 益壽増年 侯王長富 子孫蕃昌 賢者高顯 士至公卿 與師命長」</文字>、完形16.0cm、1894年出土、泉屋博古館蔵)、 三角縁銘帯(唐草文帯)四神四獣鏡(銘帯<文字>「日而月而□□日月天下之明」</文字>、完形22.1cm、1894年出土、泉屋博古館蔵、 同笵鏡:兵庫県西野山3号墳)、四獣形鏡4面(銘文なし、完形(13.9cm、13.8cm2面、13.6cm)、1894年出土、泉屋博古館蔵)、 倭製画文帯環状乳神獣鏡(銘文なし、完形17.6cm、1894年出土、泉屋博古館蔵)、伴出、勾玉+管玉+小玉+刀+剣+槍+鏃+冑+短甲+合子+ 石製模造品(勾玉+刀子+鎌+臼玉)。 市報33(埴輪)。 市報35(5世紀前半-埴輪+須恵器+土師器)。 市報40(埴輪)。 府Map2003、古墳中期前半-三角縁神獣鏡+画文帯神獣鏡+四獣鏡+玉類+石製模造品+滑石合子+鉄製甲冑+鉄製武器+埴輪(形象埴輪)。 
発掘概要
共同住宅建設・宅地造成・道路造成。 集成、1894年、旧国鉄奈良線工事で石棺出土。1975年以降、市教委が継続的に墳丘調査。当古墳をはじめとする城陽市域の古墳の調査歴については『久津川古墳群を掘る』(城陽市歴史民俗史資料館、1996年)に詳しい。 府Map2003、1975年・1976年・1977年・1978年・1980年・1981年・1983年〜1986年・1988年・1989年・1990年・1994年・1997年・2000年発掘。 
その他概要
LCd1/ON611/PN4430/。<全国遺跡地図番号>19-142。日本測地系北緯345146/345138、日本測地系東経1354653/1354657。国指定史跡。 梅原末治『久津川古墳研究』(1920)。梅原末治『桃陰廬和漢古鑑圖録』(1925)。泉屋博古館『新修泉屋清賞』(1971)。田中琢ほか「鐸剣鏡」(『日本原史美術大系』4、1977)。樋口隆康『古鏡』(1979)。田中琢「古鏡」(『日本の美術』178、1981)。 『日本考古学年報(1968・1969・1970年度版)』21・22・23(1981)。京都府立山城郷土資料館・京都府立丹後郷土資料館『鏡と古墳 景初四年鏡と芝ヶ原古墳』(1987)。近藤義行・伊賀高弘・太田勝康「久津川遺跡群発掘調査概報」(『城陽市埋蔵文化財調査報告書』17、1987)。 古谷毅「京都府久津川車塚古墳出土の甲冑」(『ミュージアム』445、1988)。『前方後円墳集成』(和田晴吾、1992)。歴博報56(1994)。市報33-1997.3。『城陽市埋蔵文化財調査報告書』35(1998)。樋口隆康・小泉裕司「久津川車塚古墳」(『城陽市史』3、1999)。 『前方後円墳集成』(有馬伸、2000)。『城陽市埋蔵文化財調査報告書』40(2001)。府Map2003、地図2、5(旧5)。  
閉じる

久津川車塚古墳の関連する遺跡グループ (0)

久津川車塚古墳の関連する遺跡グループはありません。

久津川車塚古墳の写真 (0)

久津川車塚古墳の写真はありません。

久津川車塚古墳のコメント (0)

久津川車塚古墳のコメントはありません。