垣内古墳

ふりがな
かいちこふん 
時代
古墳 
所在地
京都府南丹市園部町内林車畑/内林町東畑 
緯度経度
35.115861, 135.474889 
遺構概要
集成、古墳(前方後円墳)。<立地>丘陵端(丘尾切断)。標高32m、水田からの比高0m、前方部1段・後円部2段、方位N95度E、墳長82m、後円径50m・高5m、前方幅30m・高3m、葺石あり、<保存状況>1973年、道路工事のため全壊。(内部主体)後円部頂、棺:割竹形木棺、長6.4m・幅0.8〜0.5m、 槨:粘土槨、長7.0m・幅1.5m、主軸と平行、排水施設あり(墓壙底円礫敷)、遺体:頭位N100度E、乱掘なし。 歴博報56、古墳前期-古墳(前方後円墳、粘土槨+割竹形木棺)、墳長82.0m。 府Map2002、古墳前期-段築成+葺石+埴輪列。全長82m、後円部径50m、高5.5m、前方部幅30m、高3m。<立地>台地。<保存状況>全壊。 
遺物概要
集成、埴輪(円筒埴輪II式+家形埴輪か)+盤竜鏡1+三角縁神獣鏡1+三角縁仏獣鏡1+倭製四獣形鏡1+獣帯鏡1+三角縁神獣鏡1+硬玉製勾玉2+碧玉製勾玉2+碧玉製管玉125+車輪石9+石釧3+鉄剣50+鉄刀23+鉄槍23+鑿頭式鉄鏃+柳葉形鉄鏃+圭頭鉄鏃+無茎平根系鉄鏃(類銅鏃+そのほかで87以上)+ 柳葉形銅鏃4+有茎平根系銅鏃2+無茎平根系銅鏃4+銅鏃(型式不明)5+無茎平根系鏃(碧玉製)3+鑿頭式鏃(碧玉製)14+方形板革綴短甲1+鎌8+鍬4+刀子12+斧2+ヤリガンナ4+鑿17+刺突具15+有孔鉄板2。 歴博報56、龍虎鏡(盤龍鏡)(銘帯<文字>「□五□□長保」</文字> <文字>「□□后□」</文字>、完形14.3cm、1972年発掘、園部町教委蔵)、 倭製三角縁獣帯三神三獣鏡(銘文なし、完形24.0cm、1972年発掘、園部町教委蔵、同笵鏡:奈良県新沢千塚500号)、 倭製擬銘帯画像獣帯鏡(銘帯(擬銘)、完形21.0cm、1972年発掘、園部町教委蔵)、 三角縁獣帯三仏三獣鏡(銘文なし、完形20.5cm、1972年発掘、園部町教委蔵、同笵鏡:京都府寺戸大塚、百々池)、 三角縁銘帯四神三獣鏡(銘帯<文字>「吾作明竟甚大好、長保二親宜子孫浮由天下□□□君宜高官兮」</文字>、完形20.0cm、1972年発掘、園部町教委蔵)、 半円方形帯四獣形鏡(銘文なし、完形20.0cm、1972年発掘、園部町教委蔵)、 伴出、勾玉+管玉+鉄斧+鉄鎌+鉄鍬+鉄製鋤先+鉄鑿+ヤリガンナ+刀子+鉄製針+有孔鉄板+短刀+短剣+鉄鏃+銅鏃+直刀+長剣+槍+短甲+石釧+車輪石+石製鏃。 府Map2002、古墳前期-盤竜鏡+三角縁神獣鏡+三角縁仏獣鏡+四獣形鏡+画像鏡+玉類+車輪石+石釧+石製鏃+銅鏃+鉄製武器+短甲+鉄製農工具+有孔鉄板+埴輪。 
発掘概要
集成、1972年町教委・同志社大学考古学研究室が発掘。1986年実査。 府Map2002、1972年発掘。 
その他概要
旧、船井郡園部町。 LCb4/ON/PN5172/。<全国遺跡地図番号>14-148。 森浩一編『京都府船井郡園部町垣内古墳調査概報』(1973)。樋口隆康『古鏡』(1979)。 京都府立山城郷土資料館・京都府立丹後郷土資料館『鏡と古墳 景初四年鏡と芝ヶ原古墳』(1987)。 森浩一ほか『園部垣内古墳』(1990)。『前方後円墳集成』(平良泰久、1992)。 原田三壽「園部町垣内古墳出土の盤龍鏡」(『京都府埋蔵文化財情報』44、1992)。 歴博報56(1994)。府Map2002、地図39、44(旧44)。 
閉じる

垣内古墳の関連する遺跡グループ (2)

三角縁神獣鏡出土遺跡』 登録遺跡数:39 あぶくまアカデミー 2010年2月23日 8時4分
座標の明らかな古墳
卒論使用古墳』 登録遺跡数:50 ブタのご主人様 2008年11月29日 4時20分
卒論に使う古墳です

垣内古墳の写真 (9)


さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時12分

さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時11分

さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時11分

さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時10分

さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時10分

さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時9分

さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時8分

さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時8分
京都府南丹市園部町内林にある垣内(かいち)古墳跡、現在は神社になっている(厄神社)。
さすらいの考古学者
さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時7分
京都府南丹市園部町内林にある垣内(かいち)古墳跡、現在は神社になっている(厄神社)。

垣内古墳のコメント (1)

さすらいの考古学者 2008年8月24日 19時19分
京都府南丹市園部町内林にある垣内(かいち)古墳跡、現在は神社(厄神社)になっている。 この古墳から出土している物は貴重なものが多いが、中でも勾玉はトップクラスのものが出土しています。