ヒント 気になる遺跡は保存することが可能です。保存した遺跡を比較することができます。
保存先:
 
ランダム  中心座標付近  プロット数:0
[ 38.651198, 138.120117 ]
旧石器

旧石器
縄文

縄文
弥生

弥生
古墳

古墳
飛鳥白鳳

飛鳥白鳳
奈良

奈良
平安

平安
古代細分不明

古代細分不明
鎌倉

鎌倉
南北朝

南北朝
室町

室町
戦国

戦国
中世細分不明

中世細分不明
安土桃山

安土桃山
江戸

江戸
近世細分不明

近世細分不明
明治

明治
大正

大正
昭和

昭和
平成

平成
近現代細分不明

近現代細分不明
不明

不明

最新の名前をつけて保存した遺跡グループ (名前をつけて保存した遺跡グループをもっと見る

小代氏関連遺跡』 登録遺跡数:37 某歴史好き 2018年8月15日 23時42分
鎌倉時代~戦国時代にかけて、野原荘(荒尾市、長洲町、玉名郡岱明町の一部)を支配していたとされる、小代氏関連の遺跡、遺物をまとめたもの。 城跡がメインですが、石塔(五輪塔)、寺社なども含みます。 城跡に関しては、城跡と推定される場所も含んでいます。 少ししか回れていなのでちまちま埋めていく予定です。
荒尾市内の城跡・城跡推定地』 登録遺跡数:18 某歴史好き 2018年8月15日 14時39分
荒尾市内の城跡、および城跡と推定されている場所のリスト。 主に鎌倉時代~戦国時代にこの地、野原荘(のばらのしょう)を統治していた小代氏のものと思われるものが多め。 数か所しか回れていないので、ちまちま少しずつ埋めていく予定。
知足の古墳遺跡』 登録遺跡数:4 かん 2018年5月17日 4時29分
篠山市知足、集落の古墳遺跡
山形市山寺』 登録遺跡数:6 江口五兵衛光清 2018年1月26日 11時2分
山形市山寺地内の遺跡
御調町遺跡グループ』 登録遺跡数:2 春風工房 2017年8月19日 3時24分
御調町内の遺跡まとめています

最新の写真 (写真をもっと見る


井尾城跡
井尾城跡 名無しの歴史好き 2018年8月19日 11時48分

井尾城跡
井尾城跡 名無しの歴史好き 2018年8月17日 16時50分
大型の六地蔵塔2。
幢身の部分に、銘があり。
延徳四(1492)年壬子二月廿三日。
(藤原)宗秀善男という記載やその父道祐の名があり、説明版にある東光寺を立てさせた藤原宗秀が両親のために立てさせたことがわかる。
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群 某歴史好き 2018年8月16日 1時54分
大型の六地蔵塔2。 幢身の部分に、銘があり。 延徳四(1492)年壬子二月廿三日。 (藤原)宗秀善男という記載やその父道祐の名があり、説明版にある東光寺を立てさせた藤原宗秀が両親のために立てさせたことがわかる。
東光寺大永七年六地蔵石幢。
大永七年(1527年)に宗泉という人物の歓進で再興された塔らしいです。
その他にも、田次郎丸居館に住んでいた一族と思われる人物の名が刻まれているようです。
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群 某歴史好き 2018年8月16日 1時53分
東光寺大永七年六地蔵石幢。 大永七年(1527年)に宗泉という人物の歓進で再興された塔らしいです。 その他にも、田次郎丸居館に住んでいた一族と思われる人物の名が刻まれているようです。
現地説明板。田次郎丸館跡の説明も含む。
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群 某歴史好き 2018年8月16日 1時42分
現地説明板。田次郎丸館跡の説明も含む。
薬師堂左側。五輪塔が並べられている。
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群 某歴史好き 2018年8月16日 1時34分
薬師堂左側。五輪塔が並べられている。
薬師堂の右側。写真手前から六地蔵島、宝塔、板碑、五輪塔などがならぶ。
薬師堂を囲むように並べられている。
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群
東光寺跡古塔碑群/東光寺跡古塔群 某歴史好き 2018年8月16日 1時32分
薬師堂の右側。写真手前から六地蔵島、宝塔、板碑、五輪塔などがならぶ。 薬師堂を囲むように並べられている。

最新のコメント(コメントをもっと見る

[ 井尾城跡 ] 名無しの歴史好き 2018年8月20日 6時50分
誕生の地石碑がある場所は城の近くでなく、吉備中央町上竹です。
[ 井尾城跡 ] 名無しの歴史好き 2018年8月18日 16時40分
井尾集落を訪れ、古老のお方に聞くと、50年ぐらい前まで鍛冶屋さんが一軒あり、農耕具を打っておられ先祖は刀鍛冶だったと聞いている、とのことでした。今は家も無し家人もおいでになりません。
[ 薙刀石 ] 某歴史好き 2018年8月18日 0時54分
長刀石の1つ目、荒尾市役所の駐車場から北の道路に出て(パチンコ屋の駐車場がある方)、JRの線路沿いの道をすこし北に進むと、道路沿いの道のわきにぽつんとあります。こっちは「鎌倉将軍下馬石」とかかれた説明棒がたっています。 2つ目は、ポイントの位置でほぼ間違いないです。ポイントの位置のすぐ南西にある十字路にぽつんとたっています。こっちは説明もなにもないです。ちなみに2つ目の長刀石がたっているところが市役所の第2駐車場(みたいな場所)になっています。
[ 境崎貝塚 ] 某歴史好き 2018年8月15日 12時7分
3500年前の縄文時代後期のものだったそうです。国鉄(現JRの線路)、国道208号や病院敷地造成(同所にある整形外科医院)などによりほとんどが壊滅したそうです。同じ、境崎猪の鼻の丘陵地に境崎遺跡・境崎古墳群とあるので、もしかすると出土品に関しては、そちらのものかもしれません 以下荒尾市『市制五十周年記念 あらお』より抜粋。 「境崎猪の鼻にあり、3500年前の縄文時代後期のものと思われます。複数の小貝塚からなっており、貝の種類は97%がシオフキだったそうです。これまでに黒川式土器や岩偶、人骨4体などが出土しています。」
[ 薙刀石 ] 某歴史好き 2018年8月14日 17時37分
実際の住所は、荒尾市宮内出目。緯度経度で表すと32°59'19.2"N 130°26'01.6"Eです。(グーグルマップより)。説明によれば、この長刀石はこの石から南東にある浄業寺の境内の境界をあらわす石であり、東西南北の四辺に建てられていたいたとされています。つまりもとは4つの石があったそうですが、浄業寺に隣接している「浄業寺石塔群」の説明版によると、現在は2個が現存しているとされていました。
携帯電話を持って、旅先や外出先でいつでもどこでも遺跡ウォーカー

携帯電話(位置情報取得にGPS機能必要)を使って、身の回りにある遺跡を探しに出かけよう。
遺跡の場所で、写真やコメントを即座に送信(事前ユーザー登録必要)。みんなで遺跡データベースを作り上げよう。
右のQRコードを読み取るか、『 http://www.isekiwalker.com/m/ 』に携帯電話でアクセス!

携帯電話で遺跡ウォーカー QRcodeでアクセス