ヒント 気になる遺跡は保存することが可能です。保存した遺跡を比較することができます。
保存先:
 
ランダム  中心座標付近  プロット数:0
[ 38.651198, 138.120117 ]
旧石器

旧石器
縄文

縄文
弥生

弥生
古墳

古墳
飛鳥白鳳

飛鳥白鳳
奈良

奈良
平安

平安
古代細分不明

古代細分不明
鎌倉

鎌倉
南北朝

南北朝
室町

室町
戦国

戦国
中世細分不明

中世細分不明
安土桃山

安土桃山
江戸

江戸
近世細分不明

近世細分不明
明治

明治
大正

大正
昭和

昭和
平成

平成
近現代細分不明

近現代細分不明
不明

不明

最新の名前をつけて保存した遺跡グループ (名前をつけて保存した遺跡グループをもっと見る

真庭市水田の文化遺産』 登録遺跡数:1 くれお 2019年10月17日 19時51分
真庭市水田の文化遺産
真庭市宮地の文化遺産』 登録遺跡数:19 くれお 2019年10月17日 19時45分
真庭市宮地の文化遺産
真庭市宮地の文化遺産』 登録遺跡数:19 くれお 2019年10月17日 19時45分
真庭市宮地の文化遺産
旧北房町上中津井の文化遺産』 登録遺跡数:62 くれお 2019年10月17日 19時35分
旧北房町上中津井の文化遺産
真庭市下中津井の文化遺産』 登録遺跡数:66 くれお 2019年10月17日 11時52分
真庭市下中津井の文化遺産

最新の写真 (写真をもっと見る

松前大膳太夫の墓の画像です。地元の人は「まつさきさま」と言っています。
松前大膳太夫の墓
松前大膳太夫の墓 名無しの冒険家 2021年12月10日 6時6分
松前大膳太夫の墓の画像です。地元の人は「まつさきさま」と言っています。

正福寺跡
正福寺跡 さすらいの考古学者 2021年11月7日 12時48分

正福寺跡
正福寺跡 さすらいの考古学者 2021年11月7日 9時32分

正福寺跡
正福寺跡 さすらいの考古学者 2021年11月6日 20時24分

大桑城跡
大桑城跡 jr2bvb 2021年8月25日 9時52分

大桑城跡
大桑城跡 jr2bvb 2021年8月25日 9時48分

大桑城跡
大桑城跡 jr2bvb 2021年8月25日 9時47分

最新のコメント(コメントをもっと見る

[ 松前大膳太夫の墓 ] 名無しの冒険家 2021年12月10日 6時11分
墓ではなく「松前大膳太夫乃碑」とあります。
[ 松前大膳太夫の墓 ] 名無しの冒険家 2021年12月10日 6時8分
地元では「まつさきさま」と言って祀られているようです。
[ 正福寺跡 ] さすらいの考古学者 2021年11月6日 20時41分
この跡は、薬師堂の敷地内にあります。安土桃山時代の天正年間(1573〜1593)に、萩原の諏訪城が修築される際に、壊されて材料が使われたことにより廃寺となったとの記述が『斐太風土記』にあります。
[ 大桑城跡 ] jr2bvb 2021年8月25日 10時3分
大桑城は、室町時代から戦国時代にかけて200余年にわたり美濃国を中心に勢力をふるった土岐氏によって本格的に整備されました。大桑城を最後に居城としたのは守護の土岐頼芸です。  古城山の麓には城下町が築かれ、多くの町人でにぎわっていたといいます。しかし、家臣の斎藤道三によって城は攻め落とされ、頼芸は美濃から追放されました。大桑城は守護土岐氏の美濃支配終焉の地であるとともに、道三の「国盗り」達成の地となった
[ 南太平寺横穴群 ] 名無しの歴史好き 2021年7月13日 14時15分
一つ一つ形が違います。表の壁一枚隔てて通路で繋がっているものもありました。 数えるのを忘れてしまったのですが、10基程並んでいます。
携帯電話を持って、旅先や外出先でいつでもどこでも遺跡ウォーカー

携帯電話(位置情報取得にGPS機能必要)を使って、身の回りにある遺跡を探しに出かけよう。
遺跡の場所で、写真やコメントを即座に送信(事前ユーザー登録必要)。みんなで遺跡データベースを作り上げよう。
右のQRコードを読み取るか、『 http://www.isekiwalker.com/m/ 』に携帯電話でアクセス!

携帯電話で遺跡ウォーカー QRcodeでアクセス